資金サポートを受けやすい業種とは

医療や福祉で新規事業を始めたい人必見!資金サポートを受けやすい業種か否かの確認

医療や福祉系は資金サポートを受けやすい?

歯医者経営を始めるとなれば、設備投資や機材などで高額な費用が掛かります。たとえ高収入であっても、経歴や実績が無いと高額費用の融資を受けるのが難しくなります。金融機関や福祉医療機構をはじめ、高額融資を提供する所もありますが、受けやすくするためのコツを押さえましょう。

福祉施設経営者で資金サポートを受ける際に押さえておきたいこと

介護や障がい者支援、保育のような福祉事業を始める人で、自分なりの想いを形にするために施設事業を始める人はいるでしょう。設備投資や運転資金も必要となり、融資をする機会はあるかもしれません。福祉は利益率が低いかもしれませんが、資金サポートを受けるためのポイントはあります。

歯医者経営者が資金サポートを受けやすくするためのポイント

人々が生活を送るうえで、医療や福祉は欠かせない業種としても認知されています。金融機関でも、事業支援の目的で資金サポートの商品を提供する場合があります。その際に、利用しやすくするためのポイントを確認しましょう。

例えば、歯科医を開業する場合、建物代や機材に掛かる費用としての初期費用は5,000万円は要ります。インプラントや矯正歯科のような審美系の機材が必要となれば、別途費用が嵩むのが想定されます。費用が高額になるため、殆どの歯科医師であれば、融資を必要とするでしょう。福祉医療機構の医療貸付事業を利用すれば、最大5億円の融資を受けられるようです。しかし、過去の経歴や負債の有無など、身辺調査は求められます。たとえ1,000万円以上の年収がある人でも、ある程度の実績などが無いと融資を受けるのは難しいかもしれません。

事業の運転資金や設備投資を必要とする福祉事業者も、福祉医療機構の福祉貸付事業をはじめ様々な方法で融資を受けるのは可能です。しかし、事業者が福祉分野での経歴が無いと、融資を受けるのは難しいです。担保や保証人を必要とする場合もあるので、各種準備は必要となります。

NPOとして事業を始めたい人は、日本政策金融公庫のソーシャルビジネス支援基金を利用するのも良いでしょう。担保なしでも、4,800万円の融資を受けるのが可能です。ただし、非営利の方法で社会的課題の解決を図れるのが融資担当者に伝わらないと、融資を受けられません。自分なりの想いを伝えるのも大事ですが、仕事での実績や経営をするうえでの中長期的な事業計画も伝える必要があります。

NPOも資金サポートを受けられる?

NPOは非営利で活動をするので、日本政策金融公庫のような公的な金融機関でないと融資が受けられないと考える人はいるかもしれません。しかし、民間の金融機関でも融資を受けられる所は増えています。自分に合ったサービスを選び、事業経営を良い方向にしましょう。

TOPへ戻る